レディ

女性に話題のナチュラルカラコン!瞳を美しく魅せることができる

なりたい自分を想像しよう

婦人

顔とのバランスを考えよう

メガネは顔の輪郭や大きさによって選び方が変わります。大きすぎると個性が強すぎてしまい、小さすぎると窮屈な印象になります。メガネの横幅は顔の輪郭から大きくはみ出さないものを選びましょう。横に大きすぎるとメガネがずり下がってしまい、正しい位置に収まらなくなります。メガネを選んだ後に販売員にしっかりとフィッティングしてもらうことでズレを防止することができます。次に縦幅の選び方を考えましょう。以前は細めのサイズが選ばれていましたが、個性を重視する人が増えてきました。眉と顎の長さの3分の1程度の縦幅を選定するとバランスが良くなります。また、眉の形とメガネのフロント上部の形状が似たものを選ぶと相性が一層よくなります。形状の選び方によっては印象が大きく異なっていきます。やや縦長の丸みの形状であるボストン型は、女性を中心にファッションに取り入れられていて、女性的な優しい印象になります。縦に長めのスクエア型であるウェリントウン型はスーツに合わせると知的さを醸し出し、男性に人気です。肌馴染みの良い茶系のセルロイドは人当たりの良い印象を与えるのに対し、黒で太めのセルロイドを選ぶと、同じ形状でも力強い個性が表現できます。女性の場合、肌の色合いやファンデーションとのバランスを考えて茶や赤、オレンジといった暖色系のメガネを選ぶとさりげなく演出できます。小顔効果を期待できる黒や紺の色は、女性でも引き締まって見え、職場でアクティブに活躍できるイメージが現れます。選び方一つでイメージが変わるため、どのような自分になりたいか想像してみましょう。