レディ

女性に話題のナチュラルカラコン!瞳を美しく魅せることができる

3つのポイントを押さえて

眼鏡

自分の顔を理解して

自分に似合うメガネの選び方ですが、大きく分けて3つのポイントが有ります。1つめは、顔の形に合う物を探すという事です。人の顔は色々な形が有って、丸顔の人もいれば長い顔の人もいます。また四角くエラが張っている人もいますし、顎が突き出ている人もいるのです。ですから自分の顔の形に合ったフレームを選ぶ事で、メガネがしっくり来る事も多いです。丸顔の人はスクエアという四角いフレームが、顔の丸みを抑えられます。面長の場合はウェリントンやボストンのような、大きくて丸い物が合うでしょう。またウェリントンとフレームが斜めに上がっているフォックスタイプは、どんな顔型の人でも似合います。2つめの選び方は、自分が目指すイメージに合わせて選ぶという方法です。誠実に見せたい人はフレームが上だけに付いている「ブロウ」が、顔がハッキリと見えるのでマッチするでしょう。シャープな印象を好むのなら、逆に下にのみフレームが有る「アンダーリム」のメガネがイメージ通りになります。そして最後の3つめは、メガネの色を見るという選び方です。メガネの色が肌やファッションとのバランスが取れていないと、チグハグとした見た目になりかねません。ですから色合いを見る事も、メガネの選び方としては重要なのです。特に肌の色は変えられませんから、肌の色には合わせましょう。ちなみに色の白い人は、薄い色が似合います。例えばですが、シルバーやピンク等です。シルバーは上品で、ピンクは華やかに見えるでしょう。反対に色が濃い人は、茶色や紺色のような濃い色が似合うのです。茶色だったら温もりが有るように、紺色だったら真面目そうに見えますよ。また特に白くも黒くも無いのなら、赤色や黄色でもバランスが取れます。